ニュース・情報バラエティ番組、いっそカラーバー化したら

緊急事態宣言で、なじみのお店が休業してしまうと悲しい。ここは都内ではないし人との距離はずいぶんとあるし飲み屋ではないしランチを食べる静かなお店だったのに。家にいましょうと言われる前から家にいて在宅勤務が基本だが一日一度は外に出ないとメンタルヘルスが崩壊する。

穏やかな日常を壊されたくない。

きのうは近所のスーパーに昼の食材少々買いに行ったらスーパー大混雑、これじゃクラスター起きるぞと思ったが、気になるのは1割くらいマスクしてない人がいる。おそらく緊急事態宣言の対象になった7都府県内でもいまだに他人事のように思っている人たちがいて、一か月では到底終わらない懸念。

そして今や「煽りメディア」を化した感じのあるテレビのニュース・情報バラエティ番組。正義を振りかざすテイで視聴者の不安を煽ってないか。生放送だからって何でも免除されるわけじゃない。それちゃんと裏取ったか。それ伝える意味あるのか。…等々、次第に見なくなったが、世の中テレビを朝から晩までつけっぱなしのとりわけ高齢者世帯も多い。自らが伝えたことで社会に害をもたらしていないかという視点での検証が必要ではないか。マスメディアの責任の重さを日々自覚しているのか。自問自答しているのか。「不要不急」はむしろ今のニュース・情報バラエティ番組ではないのか。

どうなんだ。

意識と行動を変えていない1割ぐらいの人たちを変えるインパクトをニュース・情報バラエティ番組が持てるとしたら、それは、流す意味のない不安煽り系はぜんぶやめて、もう番組流すのやめて、伝えるべきことがないならいっそカラーバーを出したらどうだ。

追記:たとえば戸越銀座商店街に遠方からやってくる人たちを取り上げ、批判的に伝えたとしても、模倣する人たちがきっと出てくる。自粛を呼び掛けているテイで自粛の足を引っ張っている。そういったケースがおそらく多数ある。有害な報道は止めるべきだ。

追記:こういうことを書くと「マスゴミ」という言葉を使いたい人がきっと出てくるけど→人間はゴミではありません。ゴミ扱いしていい人間はどこにもいません。